金型部品へ文字の彫刻 ~確認~

金型部品へ文字の彫刻 ~確認~

加工技術

2019.09.18

金型部品のキャビティ形状に文字彫刻をした後、正しく彫刻ができているかの確認を義務付けている。

これは過去に、文字が逆文字になっている、文字の向きが違う、彫り込む文字が間違っている、彫刻用工具の刃先欠けで文字がキレイに加工できていない、などの不具合が発生したことがあり、そのままお客様に納入してしまうことを防ぐためです。

コルトフラックス

確認方法は、コルトフラックス(上写真)を使用します。

コルトフラックスの本来の用途は、歯医者さんが患者さんの歯形などを取るときに使う、シリコーン印象材です。

コルトフラックスの使い方は、ベース材と呼ばれる白色のパテと、促進剤と呼ばれる緑色のペーストを、それぞれ適量を均一な色調になるまで混ぜ合わせて、反転したい対象物に押し当てて、ゴム状に硬貨するまで2~3分待つ。

金型に混ぜ合わせたコルトフラックスを押し付ける

金型に文字彫刻してある部分の反転品を取ることで、実際に金型で作られる製品と同等の見た目が再現できるので、この方法で目視確認をしている。

硬化したコルトフラックスを採取し目視確認

金型に彫刻してある文字だけを見て確認をするよりも、断然確認しやすいです。

(金型に彫り込まれている文字は逆文字なので、間違っていても気付けないことがある)

関連記事①:金型部品へ文字の彫刻

関連記事②: 金型部品へ文字の彫刻 ~CAM~

動画は下の埋め込みをクリック

contact us

ご相談・お問合せ

お電話でのご相談・お問合せ:0533-78-2121

WEBからのお問合せはこちら

ページのトップへ