ダイカスト金型部品の製作加工

about casting mold

ダイカスト金型とは

ダイカスト金型は、金属成型するための鋳造方法を発展させた「ダイカスト法」の為の金型です。 ダイカスト金型に流し込んで成形する素材は、アルミ、真鍮、亜鉛、マグネシウムなど比較的融点の低い金属が多く使われており これらの金属を加熱し液体化したものを金型内に注入し成形します。

ダイカスト金型は、大まかに分けると固定型と可動型の2つでできており、この2つの型に圧力をかけ高圧で溶かした金属を注入して 金型内の細部まで溶かした金属を行きわたらせることが可能です。 これにより鋳造よりも、肉厚が薄くかつ複雑な3次元形状の成型物を作り出すことが可能となります。 ただし高圧をかけて使用するダイカスト金型は精度が高く高品質でとにかく丈夫で熱に強いことが求められます。

ダイカスト法の製造イメージ

CASTING MOLD

ダイカスト金型部品の製作加工

榮製機「金型事業部」では高精度・高品質が求められるダイカスト金型の金型部品の製作加工も承っております。 金型メーカーとして、自社オリジナルブランドの金型製品及び、自動車部品メーカー向けの金型製作も行っている当社ならではの 知見を活かした、現状の課題や問題を解決するようなダイカスト金型部品の設計、製作をいたします。
ご要望に合わせたダイカスト金型部品の製作・加工を承りますのでお困りのことがありましたら是非一度ご相談ください。

ダイカスト金型用部品

ダイカスト金型用部品

Mold Components/case study

ダイカスト金型部品の加工事例

contact us

ご相談・お問合せ

お電話でのご相談・お問合せ:0533-78-2121

WEBからのお問合せはこちら

ページのトップへ