マスターシリンダー キャビティ部品

マスターシリンダー キャビティ部品

鋳造型/鋳造型部品

自動車用のマスターシリンダー金型、キャビティ部品をマシニングセンターで加工。

材質:SKD61Ⓗ (HRC30)

使用機械:牧野a81nx 設備一覧はココをクリック

キャビティ形状はすべてマシニング加工で仕上げており、放電加工は使用していない。

最小凹コーナーRはR=1で最終的にφ2のボールエンドミルまで加工を入れている。

キャビティ部は少し磨きにくい形状ををしているので、工具段差やカッター目の粗い部分のならし作業もせずに、ショットブラストだけで磨きを完了することを目指したマシニングセンターの仕上がりを目標として取り組んだ。

しかし実際は、下の写真のように工具段差が少し発生してしまったので、次回に向けて改善の検討が必要だ。

contact us

ご相談・お問合せ

お電話でのご相談・お問合せ:0533-78-2121

WEBからのお問合せはこちら

ページのトップへ