金型磨き

金型磨き

加工技術

2019.08.26

当社で製作するアルミ鋳造用金型は、磨きに費やす時間を極力少なくするように心掛けている。

キャビティ形状は鏡面仕上げの必要はなく、カッター目残りや工具段差がない程度の仕上がりでOKとしている。

機械加工は過剰な面粗度品質にはせず、軽い磨きとショットブラストにて完了できる程度で仕上げている。

ステップ1

機械加工で残っている、カッター目や加工段差が大きい部分を、エアー式ラップ機(UHT社 ターボタップ)にて均す。

ターボラップでカッター目を均す

ステップ2

ショットブラストにて、キャビティ部と型見切り全体をショット掛けしカッター目や工具段差をなくす。

ショット掛け前
ショット掛け後

ショット掛けでも耐えられる加工品質と、ターボラップ掛けとショット掛けの併用で、劇的に磨き時間が短縮出来ている。

ショット掛けによる、金型の凸ピン角部のダレもほとんど見られない。

関連ブログ:ショットブラスト

contact us

ご相談・お問合せ

お電話でのご相談・お問合せ:0533-78-2121

WEBからのお問合せはこちら

ページのトップへ